M&Aで取引先を拡大できるのはなぜ?

大手企業などは全国に支店や工場などを持っていたりします。それぞれの企業によって事情は異なるでしょうが、小さい会社から始まったとしたら最初から全国展開していたわけではないでしょう。創業の地があり、そ…

M&Aで多角化するときの注意は何?

M&Aで事業の多角化を検討するにあたって、業種ごとのライバル企業の業績や市場でのシェア、主な事業の特徴などをしっかりと把握する必要があります。また、ライバル企業の動向を調べるうえで、各企業の財務諸…

M&Aでどうやって節税対策できるの?

会社には決算日があり、その年度の利益を計算します。利益がたくさんあるとその分税金も多くなりますが、決算日までに支払う経費があれば利益を減らせ税金も減らせます。利益が多くなりそうなとき、利益を減らせ…

M&Aでの注意点

M&Aが成功すれば事業経営をスムーズに行えます。逆に失敗すると事業経営に大きな影響を及ぼしかねず、十分注意しながら行う必要があります。M&Aを行うにあたってどんなリスクがあるのかを認識しておく必要があります。

M&Aの時相手の会社の会計情報は何をチェックする?

企業が事業を継続しようとするとき、資産がどんどん減る状況は避けなければいけません。資産を増やすには経営において利益が出ている必要があります。利益が出ているかどうかを把握するなら損益計算書を見ると良…

More Information

M&Aの時に確認したい相手企業の環境対策!!

製造業であれば工場で製造を行います。何を作るかはそれぞれの会社で異なり、自動車関係であったり化学製品関係、食品関係など様々です。製造をするときにはいろいろな材料を使う必要があり、材料の中には薬品な…

More Information

M&Aで人材流出を防ぐにはどうする?

有能な社員の待遇を良くする

M&Aを実施した後の人材流出の問題に頭を抱えている経営者は少なくありませんが、有能な社員に職場に留まってもらうために、給料や福利厚生などの待遇の改善を図ることが大事です。特に、営業職や経理職などのキャリアが長い社員については、転職のオファーを受けることが多いこともあり、ライバル企業の動向をチェックしながら、ベストな待遇を考えることが重要です。また、M&Aを実施する前に相手方の企業の経営陣と念入りに打ち合わせをして、将来的な社員の待遇について合意形成をすることも必要となります。なお、単に基本給をアップするだけでなく、特定の資格を持つ社員を対象に資格手当を新たに導入したり、ボーナスの査定を見直したりするのも良いでしょう。

社員研修を定期的に実施する

M&Aの後に社内の雰囲気や業務内容が大きく変わってしまうことはよくありますが、現場で働く社員にとっては、こうした悩みが重なって離職の原因となることもあります。そのため、一人ひとりの社員のキャリア形成のサポートをしたり、新しい業務に順応させたりするうえで、定期的に社員研修を実施することがとても大切です。また、時間や予算などに余裕があれば、社内の上司や先輩社員による研修だけでなく、時には研修会社に社員教育を委託して、色々な分野の専門家に講師を務めてもらうのも良いでしょう。その他、毎日の仕事に対する意欲を高めるために、社員研修の後に上司がヒアリングを行ったり、研修の対象者が自己評価をしたりすることも重要です。

© Copyright M&A Entering. All Rights Reserved.