M&Aの時に確認したい相手企業の環境対策!!

M&A対象会社が工場を保有しているとき

製造業であれば工場で製造を行います。何を作るかはそれぞれの会社で異なり、自動車関係であったり化学製品関係、食品関係など様々です。製造をするときにはいろいろな材料を使う必要があり、材料の中には薬品など取扱いに十分注意しないといけないものもあります。それらが土などに含まれると土壌汚染となるかもしれないので、取扱いに関する手続きには十分注意しないといけません。M&Aの相手会社が製造業をしていて工場を保有しているとき、それらの会社の環境対策がどうなっているかの調査をする必要があります。どんな材料を使っているのか、工場の機械に何が使われているのか、土壌汚染の問題が発生していないかなどです。問題があるとM&A後に大きな支出が発生する可能性があるので、事前に調べないといけません。

株主から訴訟を起こされないために環境対策を調査

株式会社には株主がいて、株主の依頼を受けて役員などが経営を行っています。株主と経営者の関係は様々で、同族企業などは経営者が株式の多くを持っていたりします。一方で雇われ経営者と言われる人はほとんど株式を持たず、株主は投資家などが大半になるときもあります。会社がM&Aを行うのは重要な経営判断で、間違ったM&Aを行うと会社の資産を減らす可能性があります。相手会社の環境対策を十分確認せずにM&Aをして後で問題が発覚したとき、会社は株主から訴訟を起こされるかもしれません。経営責任を問われてしまいます。表向きの資産状況や売上などだけでなく、相手会社が保有する資産が環境上問題を抱えていないかも細かくチェックしなければいけません。

© Copyright M&A Entering. All Rights Reserved.