M&Aで多角化するときの注意は何?

業種ごとのライバル企業の動向を探ろう

M&Aで事業の多角化を検討するにあたって、業種ごとのライバル企業の業績や市場でのシェア、主な事業の特徴などをしっかりと把握する必要があります。また、ライバル企業の動向を調べるうえで、各企業の財務諸表やウェブサイトなどに目を通すだけでなく、コンサルティング会社などを通じてアドバイスをもらうことも大事です。最近では、M&Aに前向きな企業も少なくなく、本格的に買収先を選ぶにあたり、余裕を持って経営陣と交渉を始めることがポイントです。その他、事業を多角化した後に業界内で主導権を握るうえで、設備投資や従業員の確保のための資金を十分に確保したり、事業のリスクの分散方法について検討したりすることが大事です。

多角化を始めるタイミングをしっかりと判断しよう

M&Aを通じて事業の多角化を目指す企業は少なくありませんが、買収後に速やかに利益を上げるために、多角化を始めるタイミングをしっかりと判断することも重要なポイントです。また、多角化の方法によっては従業員の採用や解雇などの手続きが必要となることもあり、時間を掛けて経営陣同士で話し合いをしたり、それぞれの現場の社員に理解を求めたりすることが大切です。最近では、M&Aに関する経営者を対象としたセミナーが各地で開かれることがあり、事業の多角化の必要性やメリットについて理解を深めることができます。なお、近い将来に進出を考えている業界の市場規模や有力な企業の経営状態について、定期的に確認をしておくことも重要です。

© Copyright M&A Entering. All Rights Reserved.